猫の救出劇

8月16日(水) 午前10時、地域の方から1本の電話が行中に入りました。バックネット近くの地面からおよそ15mの防球ネットのてっぺんに登った猫が降りられなくなっているとのことでした。あたりにはカラスも飛び交っています。
現場を確認した後、消防署に連絡を入れるとすぐにレスキュー隊が駆けつけてくれました。行中の水路側の道は狭く、グランドも雨でぬかるんでいるため、消防のはしご車は入れません。その後、東京電力のはしご車がやってきてレスキュー隊が猫の救出を試みました。しかし、猫は必死で逃げ、ネットを伝い、真ん中で立ち往生してしまいました。何とかしようと数時間・・・、レスキュー隊は懸命に猫の救出を試みましたが、猫はネットの真ん中から右にも左にも動けません。はしご車も届きません。無理をすると猫は墜落してしまいます。
様子を見るために皆でちょっと現場を離れると、猫は意を決したのか、ネットを恐る恐る降りてきました。午後1時30分。何はともあれ、黒ネコ、無事でよかったです。それにしても、なんで上ったんでしょう?
12345678910111212-213yjimage11XGS5A8yjimageTWKWZQZO