1年生の「ちはやふる」

本日1年生が百人一首大会を行っていました。皆、楽しそうに札をとっていました。日本の文化に触れるよい機会でしたね。中には一人で68枚もとった強者もいました。3組の鈴木さんです。
小倉百人一首は、公家の藤原定家が選んだ秀歌撰(しゅうかせん)で、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、100人の歌人の和歌を一人一首ずつ選んでつくったものです。
41235679101213141115