12月11日(金) 書初め授業

年末が近づき、季節行事のひとつとして今年も国語の授業で「書初め」を行っています。

慣れない太筆を持ちながら、お手本に少しでも真似ようと頑張っている生徒たちの真剣な表情はとても素敵です。

書初めの大切なところは、お手本の真似ることだけでなく、一筆に心を込めて素直な心で一心不乱に書くことです。

他人と出来栄えを比較することではありません。

いかに自分の全精力をかけて字を書くことができたかが作品の価値を高めます。

書初めの授業回数は限られていますが、新型コロナウイルスの感染防止で年末年始に自宅にいることが多くなれば、自宅でも精神を統一して書初めに勤しむのもよいかもしれませんね。

P3250058P3250056P3250057 P3250059P3250060P3250061