1月12日(火) ハートフル賞

今回は、英語係だった級友が転出して1人になってしまった仲間のために、英語係の仕事を進んでサポートしてくれた1年生男女が受賞しました。

DSCN8274

1月7日(木) ハートフル賞

新年最初のハートフル賞受賞者は、学期末の大掃除の際にガラスに付いていた蜘蛛の巣をいやがらずに取り払ってくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8262

 

続いて、転校してしまう級友とのお別れ会を中心になって企画運営してくれた1年生男女が受賞しました。

DSCN8270DSCN8271DSCN8272DSCN8273

続いて、学期末大掃除の翌日に廊下に出してあった生徒用机やかばんの棚などを、気を利かせて教室の元の位置に戻しておいてくれた3年生男女が受賞しました。

DSCN8258DSCN8259DSCN8260DSCN8261

 

続いて、週直の当番ができなかった教室の清掃に気づいて代わりに済ませておいてくれた1年生女子が受賞しました。

DSCN8267DSCN8268

続いて、学級活動で使用したテレビの片付けを進んで引き受けてくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8269

続いて、教室の教卓から落ちた大量のプリント類を手早く集めてくれた3年生男女が受賞しました。

DSCN8263DSCN8264DSCN8265DSCN8266

 

        

1月1日(金) 元旦 初日の出

IMG_3319

令和3年が明けました。

謹んで新年をお祝い申し上げます。

未だに新型コロナウイルスの感染拡大の影響は続いておりますが、一日も早いコロナ禍の収束を願うとともに、本校のますますの発展のために尽力してまいりますので、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

IMG_3369IMG_3370IMG_3371IMG_3384IMG_3373IMG_3372

 

今年も、元旦の初日の出をカメラに収めるために校舎の屋上に上がりました。

氷点下の凍てつく寒さの中、雲ひとつない東の空からオレンジ色の太陽が力強く上がってきました。

IMG_3331IMG_3326IMG_3410

日の出の太陽の左方向には、筑波山のシルエットがきれいに見えて幻想的な雰囲気でした。

また、太陽の反対方向には、きれいな満月が行田の街中に沈んでいくところも見えました。

そして、南西の方向には朝日を浴びた富士山が、白く雪をかぶった雄大な姿を見せていました。

カメラのシャッターを押す指先の感覚がなくなるほどの冷たさでしたが、新年から360度の素敵なパノラマを見ることができてラッキーでした。

今年も、ホームページ「スクールライフ」で子供たちのさまざまな活躍している様子をお届けします。

ぜひ、お時間のある時にご覧くださいますようよろしくお願いいたします。

 IMG_3323IMG_3415

12月26日(土) 冬季フォローアップ教室

夏季期間に開催して好評だった「行田市フォローアップ教室」の冬季版が始まりました。

今回も3年生を対象に希望者を募り、目前に迫った受験本番に備えて基礎基本の徹底や入試問題対策など、自分が今取り組んでいる課題に対して先生方が丁寧に指導しています。

1クラス7名程度の少人数で開催しているので、自分が納得、理解できるまで先生に聞いたり、質問したりすることができ、前回よりもより真剣に、集中している生徒たちの表情がうかがえました。

冬季版フォローアップ教室は、12/26~1/30の期間に計5回開催する予定です。

DSCN8256DSCN8253DSCN8249DSCN8257DSCN8254

12月24日(木) 2学期終業式

8月24日から始まった4か月の長い2学期が終了しました。

日々、新型コロナウイルスの感染を心配しながら通常の学校生活を送る苦労の多かった2学期ですが、コロナ禍において生徒と先生方が知恵を絞ってできる限りの学校行事も行いながら、充実した毎日とすることができました。

さまざまな制限の中で満足できなかった、やり遂げた感じが少なかったものも数多くありましたが、何よりも全校生徒が元気な姿でこの日を迎えることができたことが最高の成果だったと思います。

今回から儀式的行事の日は制服となり、久しぶりに制服姿での集会にどの学年もいい意味での緊張感がありました。

校長先生からは、式辞として2学期にそれぞれが中学生らしく成長した姿、新人戦での大活躍、将来に向けての責任ある進路選択など、自分なりに精一杯努力をしたこと評価していただきました。

また、目の前まで迫っている新型コロナウイルスの感染の危険を改めて実感するとともに、年末年始の不要不急の外出自粛や感染してしまった人が出てもみんなで温かく守ることの話がありました。

その後、各学級の代表が2学期の振り返りと3学期に向けての抱負を力強く発表していました。

長い2学期の総括をしっかりと終えて、新しい年を迎える準備をしっかりと整えました。

P1200371P1200363P1200364P1200368P1200366P1200377

12月23日(水) ハートフル賞

今回は、教室前の流し清掃をいつも丁寧に取り組み、手洗い用の石鹸がなくならないようにこまめに補充してくれている3年生女子が受賞しました。

DSCN8248

 

続いて、英語係が不在の時に気を利かせて係の仕事を手伝ってくれた3年生女子が受賞しました。

DSCN8246

年内のハートフル賞授与はこの日が最後となりました。

6月からの7か月間で延べ479名の生徒が仲間のために、周囲の人のために、そして社会のためにと善い行いをしてくれました。

着実に行中生の温かい心が育まれていることを実感しています。

コロナ禍で誰もが不安な時だからこそ、一人でも多くの人が温かい心で日々の生活を送ってくれることを心から願っています。

 

 

12月21日(月) ハートフル賞

今回は、日直清掃の日は毎回自主的に清掃を手伝ってくれる2年生女子が受賞しました。

DSCN8240

 

続いて、欠席した給食当番に気づいて当番の仕事を代わってくれた1年生女子が受賞しました。

DSCN8247

 

続いて、授業で使うマグネットを隣の教室まで届けてくれた3年生女子が受賞しました。

DSCN8245

 

続いて、クラスの傘立てが廊下に飛び出していて教室の扉が閉まらなかったのに気づいて、傘を片付けてくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8241

 

続いて、保健委員として朝の会で毎日元気に級友の名前を読み上げてくれる1年生男子が受賞しました。

DSCN8242

 

続いて、戸車が外れていた教室の扉を快く直してくれた2年生男子が受賞しました。

DSCN8244

 

続いて、清掃終了時に先生が持っていたほうきに気づいてさっと片付けてくれた2年生男子が受賞しました。

DSCN8243

12月18日(金) 第2学年レク(第5回鈴木カップ)

仲間との絆の強さを競い合おうと、穏やかな天候のもとで第5回鈴木カップが開催されました。

今回の種目は「学級対抗ドッチビー大会」です。

スポンジ製のフライングディスクをドッヂボールのルールで投げ合い、内野に残った人数を競い合いました。

華麗な個人技を見せる人、キャーキャー叫びながら逃げ回る人と、期末テストも終わって気分的にも開放感をたっぷりと味わえた学期末の一日になりました。

大会の結果は、「3組」が見事優勝しました。

IMG_3336IMG_3314IMG_3330IMG_3344IMG_3332IMG_3347

12月16日(水) ハートフル賞

今回は、英語の授業後にテレビの片付けを進んでやってくれた英語係ではない1年生女子が受賞しました。

DSCN8239

続いて、毎日の教室清掃で重い教師用事務机を丁寧に運んでくれている1年生男子が受賞しました。

DSCN8237

続いて、毎朝、教室の空気が乾燥しないように加湿器の準備と手入れを行ってくれている1年生保健委員が受賞しました。

DSCN8238

12月16日(水) 3年生実力テスト

年の瀬もせまり、もう受験本番が目前となりました。

3年生も志望校を1つにしぼる時期となり、現在の自分の学力がとても気になっています。

今日は、3年生最後の実力テストを行いました。

苦手教科の克服や得意教科での得点アップなど、それぞれに目的を持って各教科のテストに臨んでいました。

また、期末テスト同様に制服姿でテストを受けることで、入試本番と同じような雰囲気で問題を解いていました。

「努力は嘘をつかない」の言葉どおり、将来に夢を持って、今の辛い受験勉強から逃げずに頑張っている人は、必ずその努力が実を結びます。

「合格」を手にするまでもう少しの辛抱です。ガンバレ!3年生。

DSCN8234bDSCN8232DSCN8235DSCN8230DSCN8231DSCN8236

12月14日(月) 差別偏見防止プロジェクト

文部科学省が制作した「新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて」の動画教材を活用して、3年生が人権教育の授業を行いました。

この教材は、実際に子どもたちの周りで起きている新型コロナウイルスに関する「差別・偏見」の具体例を挙げ、なぜこのような「差別・偏見」の行動や考えが生まれていますのか、「病気・不安・差別」という「3つの感染症」の拡大を止めるために自分には何ができるのか、不安を感じたらどうすればいいのか、感染症になった人・関わる人とどのように接するべきなのかを考える内容です。

新型コロナウイルス感染の第3波は、連日のように新規感染者数過去最高を記録しています。

いつ自分たちの身近な人が感染してもおかしくない状況の中で、感染したことがわかったときに感染した人をお互いに偏見の意識を持たず、困っている人として温かい手を差し伸べる強い心を育てる授業となりました。

P1010078P1010074P1010073P1010070

12月11日(金) 書初め授業

年末が近づき、季節行事のひとつとして今年も国語の授業で「書初め」を行っています。

慣れない太筆を持ちながら、お手本に少しでも真似ようと頑張っている生徒たちの真剣な表情はとても素敵です。

書初めの大切なところは、お手本の真似ることだけでなく、一筆に心を込めて素直な心で一心不乱に書くことです。

他人と出来栄えを比較することではありません。

いかに自分の全精力をかけて字を書くことができたかが作品の価値を高めます。

書初めの授業回数は限られていますが、新型コロナウイルスの感染防止で年末年始に自宅にいることが多くなれば、自宅でも精神を統一して書初めに勤しむのもよいかもしれませんね。

P3250058P3250056P3250057 P3250059P3250060P3250061

12月11日(金) 行田市教育指導員訪問研究授業(社会)

行田市教育指導員の先生に指導法の改善についてご指導していただく授業研究会を行いました。

今回は、社会科の授業を公開し、コロナ禍における対話的な活動や来年度から実施される新学習指導要領に関して、授業でどんなことを意識して活動を進めていくかについてふれていただきました。

1年生の社会科で、生徒たちはさまざまな資料から時代背景や当時の様子を推察し、仲間との意見を交わしながら単元を貫く問いを設定することができました。

DSCN8221DSCN8218DSCN8213DSCN8211IMG_3995DSCN8225

12月11日(金) ハートフル賞

今回は、放課後に残って国語係の仕事を手伝ったり、運んだりしてくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8206

 

続いて、トイレの窓が開けたままになっているのに気づいて閉めてくれた1年生女子が受賞しました。

DSCN8207

 

続いて、放課後に教室の窓が開けたままになっているのに気づいて閉めてくれた2年生女子が受賞しました。

DSCN8209DSCN8208

 

続いて、転入してきた友だちを気遣い親切に教えてくれた2年生女子が受賞しました。

DSCN8210

12月10日(木) 学校保健委員会

今年の学校保健委員会は、市内クリニックのリハビリテーション科に勤務されている先生を講師としておまねきして、背筋を伸ばした正しい姿勢「立腰(りつよう)」について講義&体験学習を行いました。

普段はそれほど意識していない正しい姿勢や座り方を改めて見直すと、無駄な力が骨や関節に加わって姿勢だけでなく体調を崩す原因になっています。

図や写真を用いて、具体的に身体のどこの部分が、どこの筋肉が動いて支障をきたしているのかを教えていただいたあとに、生徒たちもその場で自分の姿勢を確かめてみたり、実際に正しい姿勢に修正してみたりして、体験学習を進めました。

正しい姿勢や座り方をすると気持ちが素直になり、気合も充実し、いつも前向きに物事が考えられる効果があると聞いて、やってみようとする雰囲気が大変高まりました。

DSC_6586DSC_654330718464_Unknown DSC_6583DSC_6570DSC_657230718752_UnknownDSC_6601DSC_6598 DSC_6613DSC_6632DSC_6621

12月7日(月) ハートフル賞

今回は、友だちが探していた筆箱を見事見つけ出して届けてくれた3年生男子が受賞しました。

DSCN8203

 

続いて、放課後に流しやトイレの開いたままの窓に気づいて閉めてくれている2年生女子が受賞しました。

DSCN8205

 

続いて、生徒玄関で拾った落とし物をそっと持ち主へ届けてくれた1年生女子が受賞しました。

DSCN8204

12月4日(金) 2年生読み聞かせ

毎月1回行っている朝読書での読み聞かせが、今月から2年生になりました。

読み聞かせ終了後の校長室で、お世話になっている読み聞かせボランティアの皆さんに、生活科学部の生徒が感謝の気持とともに制作したかわいいマグネットを贈りました。

IMG_3975IMG_3957IMG_3963 IMG_3967IMG_3971IMG_3977

12月3日(木) 3校合同学校運営協議会

毎年恒例となっている行田中学区内3校合同学校運営協議会が、行田市教育文化センターで開催されました。

南小、下忍小、行田中の学校運営協議会委員の皆様にご出席いただき、各学校からコロナ禍における教育活動の工夫について各校から実践報告がありました。

PC033586PC033591PC033606PC033602

12月2日(水) 読書マラソン表彰式

10月12日~11月13日に開催した「読書マラソン」の表彰式が、図書委員会主催で開催されました。

各学年の読んだページ数上位5名が受賞し、図書委員長から表彰状等が贈られました。

全校で最も多くのページ数10,006ページを読んだのは、2年生男子でした。

朝読書に限らず、すきま時間を見つけては手にした本を読む姿があちらこちらで見かけられた素敵な読書の秋でした。

受賞された皆さん、おめでとうございます。

IMG_3165IMG_3166IMG_3169IMG_3170IMG_3175IMG_3180 IMG_3188IMG_3196IMG_3203

12月1日(火) ハートフル賞

今回は、期末テスト前の補習学習に参加した際に、帰るときに勉強した教室の消毒を手伝うと申し出て一緒に作業をしてくれた1年生女子が受賞しました。

DSCN8180

12月1日(火) 1年生校外学習

師走の冬晴れの中、延期になっていた1年生の校外学習が日帰りで実施されました。

新型コロナウイルス感染防止のためバス等の交通手段は利用せずに、徒歩での市内散策と校内でのアドベンチャープロジェクト教育の体験学習としました。

日本遺産に登録された行田市内には多くの歴史的文化施設や遺産があり、手軽に歴史の学習が行なえます。

この日も班ごとに分かれた生徒たちは、各々が計画したコースで博物館や歴史的建造物を見学して回りました。

学校に戻って給食を食べてからは、神川げんきプラザから講師をお招きして体育館や校庭で仲間との絆を深める体験学習を行いました。

なかなかゲームをクリアできずに苦労をしましたが、グループで相談して協力しながら各ミッションに楽しく挑戦することができました。

DSC09193DSC09178DSCN0935DSCN0933P1140018DSC09191 DSC_6397DSC_6441IMG_3042DSC09246P1140107DSC09346

11月26日(木)・27日(金) 2学期末テスト

長かった約4か月間の学習のまとめとして期末テストが実施されました。

ほとんどの生徒は家庭学習が習慣化され、テストに備えた勉強も思いつき学習から計画学習へと変えていくことができています。

「努力は嘘をつかない」の言葉どおり、頑張っている人は着実に学習の力が伸びています。

その証拠は、毎日の家庭学習時間であったり、授業中の積極的な態度であったり、忘れ物がないことやワーク類の提出が完璧であるなど、随所に見られています。

今年はテストに向かう生徒たちの姿勢もかなり変わってきているように感じています。

今まで早々に解答をあきらめて時計を眺めている人が減り、最後まで粘って正答を求め、難しい問題にも何かしらの解答を記述して空欄を作らない意識が高まっています。

テストに向けて努力した人すべてが、納得のいく結果が出ますように…。

DSCN8178DSCN8179DSCN8174DSCN8173DSCN8175DSCN8177

11月25日(水) 期末テスト前補習学習

11月24日、25日の2日間、放課後に期末テスト前の補習学習が行われました。

テスト前の補習学習がテストに役立つとの評判が広がり、今回も多くの生徒たちが放課後にそれぞれの教室へ問題集やノートを持って移動していました。

「わからないところを先生に聞いて教えてもらう」ことに抵抗感がなくなり、自分がわかるまで何度も先生に質問している生徒が明らかに増えています。

また、自宅での家庭学習でどうしても解けない問題をまとめて用意して、先生に解き方のヒントを教えてもらっている生徒もいました。

「わからない不安」から「できる自信」へ気持ちが変化して、期末テストに望んだ生徒たちのテスト結果がとても楽しみになりました。

DSCN8169DSCN8165DSCN8167DSCN8168DSCN8170DSCN8171

11月24日(火) 行田市教育指導員訪問研究授業(音楽)

行田市教育指導員訪問研究授業として、1年生の音楽の授業を公開ました。

コロナ禍において飛沫の拡散を懸念して合唱指導が行われておりませんでしたが、感染防止に最大限配慮した指導法を工夫し授業を公開しました。

音声パート別に練習場所を確保し、互いの距離に気をつけながらリラックスした姿勢を意識して合唱練習に取り組みました。

違う教室で練習するときは少し寂しい感じもしましたが、パートリーダーを中心に自分たちで成果や課題を確認しながら合唱練習に取り組む姿に対話的で深い学びを感じることができました。

DSCN8140DSCN8149DSCN8146 DSCN8147DSCN8142DSCN8153

11月24日(火) ハートフル賞

今回は、毎日給食後にコンテナ周辺の片付けを進んで行うとともに、クラスの片付けの確認まで丁寧に自分の仕事をやり遂げてくれている1年生給食委員男女が受賞しました。

DSCN8157DSCN8158DSCN8160DSCN8161DSCN8162DSCN8163DSCN8164

11月20日(金) 行田市児童生徒体力向上推進委員会授業研究会

令和2年度行田市児童生徒体力向上推進委員会の中学校授業研究会が本校で開催され、3年生の体育「体つくり運動」を公開ました。

3年生は、部活動を引退して受験勉強が続き、体力が大きく低下しています。

そこで、体育の授業をとおして仲間とともに楽しく体を動かしながら体力を高めようと日常で使用ている用具類を活用して体力づくりに取り組みました。

準備運動では、長縄跳びにランニングの要素を加えて、持久力のつく縄跳び運動を行いました。

また、体力づくりでは、自分の課題とする体力要素を選択してトレーニングを行うセレクトトレーニングで踏力や握力、瞬発力などを高める運動を行いました。

1時間の授業では大幅な体力向上にはなりませんが、日常生活でも取り組める運動を継続して行うことで受験に負けない、コロナウイルスに負けない強靭な健康を手に入れてほしいと思います。

DSCN0094DSCN0101DSCN0106DSCN0111DSCN0119DSCN0114

11月17日(火) 資源搬出

日頃からコツコツと集めているダンボールやアルミ缶等の回収資源が溜まってきたので、業者の方に引き取りに来てもらいました。

部活動時間にもかかわらず、野球部の生徒たちや下校で通りすがりの生徒が快く手伝ってくれて倉庫内の資源をスムーズにトラックへ運ぶことができました。

資源買取の相場が暴落しているために搬出した資源も換金するとわずかにしかなりませんが、「資源を無駄にしない」という環境教育の一環としてこれからも可能な範囲で資源を集めていきたいと思います。

PB176107PB176110PB176109PB176111PB176108PB176113

11月17日(火) 三者面談

今年は新型コロナウイルスの影響で授業参観や家庭訪問等ができず、保護者の方とお話をする機会がほとんどつくれていません。

そこで、例年は3年生と希望者のみの三者面談を、今年はすべての学年で三者面談として実施しました。

限られた時間ではありますが、学級担任、生徒、保護者が顔を合わせて学校生活の様子や学習状況などを話し合い、今までの頑張りの成果や今後の課題を確認し合う貴重な機会となりました。

夕方のお忙しい時間帯にご都合を付けていただいた保護者の皆様に厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

PB176097PB176095

11月16日(月) ハートフル賞

今回は、部活動として足踏み式の手指消毒用ポンプ台を各教室や玄関、職員室分まで10台以上も製作してくれた美術部員たちが受賞しました。

PB176100PB176098DSCN8135DSCN8136DSCN8137DSCN8138DSCN8139PB176102PB176101

続いて、英語係に代わって大型テレビの片付けを快く手伝ってくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8133DSCN8134

 

続いて、サッカーのリフティングのコツと励ましの声がけをして仲間と助けてくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8132

11月13日(金) 感謝の気持ち

学校再開後に日課となっている放課後の消毒作業を、保護者や地域の方にボランティアで手伝っていただいており心より感謝申し上げます。

学校として日頃の感謝の気持を伝えようと、保健委員会が「ありがとうメッセージ」と手作りの「かわいいマグネット」を手作りしてくれてボランティアさんたちに手渡しました。

ボランティアさんたちもサプライズのプレゼントに大変驚かれたようで、プレゼントされたマグネットを笑顔で選んでいました。

いつもありがとうございます。

IMG_3916IMG_3914IMG_3934IMG_3945IMG_3949IMG_3946IMG_3953

11月12日(木) 新人体育大会(女子バスケット)

北埼玉地区大会を1位で通過した女子バスケット部が出場する県大会バスケットボール競技が、児玉総合公園体育館「エコーピア」で開催されました。

地区大会終了後も、毎日部活動時間を延長しながら練習に勤しみ、本日の対戦に備えてきました。

初めての大舞台で緊張を隠しきれませんでしたが、さいたま市代表校と対戦して堂々と自分たちの力を発揮し、最後のブザーが鳴るまで善戦できました。

結果は、残念ながら1回戦敗退となりましたが、県大会のバスケット技術レベルを肌で感じることができ、これから訪れる長い冬場の練習で何を身に付けたらよいかがわかったことが収穫でした。

来年の県大会で1回戦突破を期待しています。

IMG_3237IMG_3242IMG_3244IMG_3245IMG_3255IMG_3249 IMG_3263IMG_3271IMG_3267 IMG_3278IMG_3287IMG_3292 IMG_3298IMG_3302IMG_3303IMG_3310IMG_3315IMG_3317

11月9日(月) ハートフル賞

今回は、マスクを忘れて困っていた友だちに、カバンに持っていた予備用のマスクを1枚譲ってくれた1年生女子が受賞しました。

DSCN8131

続いて、給食当番の人数が少なかった日に、先生から頼まれる前に自分たちで気づいて当番の代わりを進んでやってくれた3年生男女が受賞しました。

DSCN8111DSCN8112DSCN8113DSCN8110

続いて、毎日放課後に校舎内の消毒作業にボランティアとしてお世話になっている方々へ感謝の気持ちを表すメッセージカード等の企画を立てて、実行してくれた各学年の保健委員が受賞しました。

《1年生》

DSCN8125DSCN8126DSCN8127DSCN8128DSCN8130DSCN8129

《2年生》

DSCN8119DSCN8114DSCN8115DSCN8116DSCN8117DSCN8118

《3年生》

DSCN8124DSCN8120DSCN8121DSCN8122DSCN8123

11月7日(土) 第35回浮き城のまち行田 少年の主張大会

毎年恒例となった「浮き城のまち行田 少年の主張大会」が、行田市教育文化センター「みらい」で開催されました。

本校からは3年生女子が出場し、日常の生活の中で周囲に流されることなく、自分の考えを伝えることの大切さを趣旨とした主張を述べました。

各校代表生徒の素晴らしい発表のあと大会結果が発表されて、本校発表生徒が行田市教育委員会教育長賞を見事受賞しました。

行田中学校として、4年連続の教育長賞受賞となりました。

おめでとうございます。

IMG_7645IMG_7639IMG_7643 IMG_7649

11月6日(金) 朝読書読み聞かせ(3年生)

先月から再開した朝読書時間の読み聞かせの2回目を行いました。

読み聞かせボランティアの方は、久しぶりの読み聞かせにまだ緊張が解けないと心配されていましたが、生徒たちは耳から入ってくる本の世界に酔いしれながら朝の10分間を過ごしました。

ボランティアさんたちの聞き手の心を惹き付ける読み方の上手さにいつも感心させられています。

DSCN8101DSCN8102DSCN8103 DSCN8104DSCN8105DSCN8106 DSCN8107DSCN8108DSCN8109

11月6日(金) 第3学年進路PTA

3年生の受験期も、いよいよ後半に入っていきます。

次週から始まる三者面談をひかえて、受験のシステムや学校種の特徴、望ましい受験校の選び方、入試に向けての心構え等を生徒と保護者が一緒に学ぶ機会として、進路PTAを開催しました。

高校の見学会や入試相談に参加した生徒も増えており、いつもの進路学習よりも真剣な表情で説明を聞いている生徒が多かったような気がします。

偏差値による合否の可能性だけで学校を選ぶ方法は、適切な選び方とは言えません。

将来の自分のなりたい姿を想像し、その希望を実現するために必要なことを学ぶ学校を見つけ、実際に学校を見学したり、体験入学したりして、自分が本当に行きたい学校を選ぶことが大切です。

そして、その学校に少しでも余裕を持って入学(合格)できるよう日々の受験勉強に励んでほしいと思います。

公立高校の受検まで、あと3ヶ月あまり。

皆さんのがんばりを応援しています

IMG_2592IMG_2591IMG_2593b

11月5日(木) 県新人体育大会(テニス個人)

埼玉県新人体育大会のテニス競技(個人戦)が、さいたま市の大宮第2公園テニスコートで開催されました。

新型コロナウイルスの感染防止のため保護者等の入場制限や応援規制が行われ、いつもの歓声などは聞こえて来ませんでし型が、その分ラケットがボールをミートする迫力のある音やプレーヤーの息づかいが聞こえてきて迫力のある試合の雰囲気でした。

北埼玉地区の1位と2位に入賞して出場した本校の生徒たちは、県大会でも粘り強いプレーで試合を戦い、県大会の初戦を突破した生徒もいました。

IMG_5255bIMG_5259IMG_5265b IMG_5273bIMG_5278bIMG_5292

11月4日(水) 行田市教委・東部教育事務所学校訪問

行田市教育委員会ならびに東部教育事務所の先生方に、日頃の授業の様子を見ていただき、教科の指導法について研修を行う学校訪問が行われました。

今年は、新型コロナウイルスの影響で研究授業は実施せず、指導者の先生方が午前中の授業公開を見て、ご指導いただきました。

コロナ禍においても、感染防止に努めながらの対話的授業や生徒の学習理解を深める発問など、各先生方が日頃から研究・工夫している点に焦点をあてた研修となりました。

生徒のやる気を引き出すよく考えられた質問には、多くの手が上がり、活気のある授業の様子がうかがえました。

DSCN8083DSCN8084DSCN8086 DSCN8087DSCN8091DSCN8092 DSCN8093DSCN8096DSCN8100

11月2日(月) 1年生校外学習準備スタート

新型コロナウイルスの影響で延期となっていた1年生の校外学習が、感染症対策を踏まえた内容にリニューアルして準備が始まりました。

この校外学習は、「市内日本遺産を巡るオリエンテーリング」と「人間関係づくり~プロジェクトアドベンチャー教育~」を組み合わせた校外学習で、各クラスから選出された実行委員を中心に詳細を企画検討しています。

早速、1年生の廊下には、訪問したい日本遺産を探すための資料コーナーが設けられ、休み時間のいろいろな文献を手にとって資料探しをしている生徒も見受けられました。

DSCN8072DSCN8073DSCN8075 DSCN8076DSCN8080DSCN8078

10月30日(金) 教育実習終了(後期) 

前期に続いて後期も2名の学生が教育実習を行いました。

生徒たちも、短期間に多くの教育実習生とふれあい活動したことで、親しく会話をしたりして和やかな実習期間でした。

実習最後の研究授業では、緊張している実習生とは対象的に生徒たちはいつもの調子で挙手や発言を行い、とても活気のある授業になりました。

DSCN8005DSCN8007DSCN7998   DSCN8046DSCN8058DSCN8052

10月29日(木) ハートフル賞

今回は、給食片付け時にお皿を落として割れてしまった時に、すかさず箒と塵取りを持ってきてお皿の破片等を片付けてくれた2年生男子が受賞しました。

DSCN8069

 

続いて、欠席した給食当番の代わりを快く引き受けてくれた2年生男子が受賞しました。

DSCN8070

 

続いて、欠席した給食当番の代わりにお皿のカゴを運搬してくれた2年生女子が受賞しました。

DSCN8071

10月26日(月) ハートフル賞

今回は、自転車を押しながら散歩している間に中学校の敷地内に入り込んでしまって困っていたおばあさんに優しく声をかけて出入り口を教えてくれた3年生女子が受賞しました。

DSCN8028

 

続いて、給食片付けで人手が足りなかった日に牛乳の片付けを手伝ってくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8011

 

続いて、下校時に買い物帰りの重い荷物を持ったおばあさんに声をかけて、途中まで代わりに荷物を持ってあげた3年生女子が受賞しました。

荷物を持ってもらったおばあさんが、翌日お礼を伝えるため、ご丁寧に来校してくださいました。

DSCN8024DSCN8023

 

続いて、給食後に配膳台の片付け忘れに気づいてさり気なくきれいに拭いてしまってくれた1年生女子が受賞しました。

DSCN8029

 

続いて、給食をこぼしてしまった友だちにすぐにティッシュペーパーを差し出してくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8031

続いて、授業で使用したICT機器が教室に忘れておいてあることに気づいて、すぐに職員室へ届けてくれた2年生女子が受賞しました。

 DSCN8030

10月23日(金) ハートフル賞

今回は、大会で不在の国語係に代わって授業で使用するテレビの運搬を快く手伝ってくれた2年生男子が受賞しました。

DSCN8019

 

続いて、先生方が忙しい時に気を利かせて給食の片付けを進めておいてくれた2年生女子が受賞しました。

DSCN8016

続いて、清掃のない木曜日の放課後に教室の黒板や床を自分から掃いたり、きれいに拭いたりして教室の環境整備をしてくれた3年生男子が受賞しました。

DSCN8018

続いて、清掃時に自分の担当場所以外のごみ捨てを頼まれて快く引き受けてくれた2年生女子が受賞しました。

PA216061

続いて、当番がお休みで仕事をする人がいない時に、進んで代わってくれた2年生女子が受賞しました。

PA216063PA216064

続いて、清掃時間に自分の分担場所の清掃を終えると、積極的に他の場所の清掃に取り組んでくれた3年生男子が受賞しました。

DSCN8015

 

続いて、大会で不在の友だちの清掃分担場所を快く引き受けてくれた3年生女子が受賞しました。

DSCN8014

 

続いて、いつも清掃時間の最後まで時間いっぱい丁寧に取り組んでいる3年生女子が受賞しました。

DSCN8013

 

続いて、英語係を助けて一緒に手伝ってくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8012

 

続いて、給食後に牛乳の片付けを快く手伝ってくれた1年生男子が受賞しました。

DSCN8011     

10月21日(水) 第1回清掃ボランティア

生徒会が主催する「第1回清掃ボランティア」を行いました。

これは、日頃から地域の方々から支援していただいている感謝の気持を表すひとつの取組みとして、有志が集って学校周辺の道路をきれいにしようとするものです。

部活動のない水曜日に設定して参加募集をしたところ、予想を大幅に超える86名の生徒が集まりました。

各学年の生徒会本部役員がリーダーになって、説明から誘導まですべて自分たちの力で清掃活動を行いました。

多数の生徒でゴミや落ち葉を拾えたので、短時間でもたくさんのゴミが集まり、大きな成果が出せました。

また、移動しながらすれ違った地域の方々とも元気なあいさつの声で交流することができました。

次回の第2回清掃ボランティアにも、多くの参加者が集まることを期待しています。

IMG_2272PA216068PA216073PA216079PA216078IMG_2573PA216088DSCN0877DSCN0874IMG_2270PA216081PA216084PA216091PA216094

10月20日(火) 北埼玉地区駅伝競走大会

前日の冷たい雨も上がり、秋の日差しとともに冷たい空気の中で北埼玉地区の秋季総合体育大会をしめくくる駅伝競走大会が行田市総合運動公園内周回コースで開催されました。

今年は新型コロナウイルスの影響で、競走中の密状態を避けるため各校1チームの参加制限があり、例年よりも少ない地出場チーム数でスタートしました。

コロナ禍で練習量も十分に確保できず、各校とも調整が難しかったと思われますが、レースでは秋空のもとでどの選手も快調に走っていました。

レースの結果、男子は7位入賞、女子は9位入賞を果たすことができました。

駅伝選手の皆さん、お疲れさまでした。

【女子レース】

IMG_3182IMG_3184IMG_3186IMG_3188IMG_3189IMG_3190IMG_3192IMG_3193IMG_3194

【男子レース】

IMG_3198IMG_3202IMG_3204IMG_3207IMG_3209IMG_3211IMG_3214IMG_3217IMG_3218IMG_3220IMG_3222IMG_3225

【集合写真】

IMG_3228IMG_3231IMG_3233

10月17日(土) 2年生校内学習

新型コロナウイルスの影響で残念ながら中止となった林間学校の代替行事として、「2年生校内学習」が行われました。

行事の企画段階で、またバスでの移動を心配する声があったため、場所は行田中の校内として学年全員で楽しく学べる取組を林間学校の実行委員を中心に考えました。

主なプログラムは、「校内宝探しゲーム」「ドラム缶ピザづくり体験」「クラスマッチ」の3つを計画しました。

「校内宝探しゲーム」は、校内に隠されたおもちゃのお札240枚をグループに分かれて40分間で探し出します。

頭上の窓枠レールに置いてあったり、清掃用具の後ろに隠してあったり、植物の鉢の下にあったりと、簡単には見つからないことで想像以上に盛り上がり、見つけたときの歓声が校舎内に響き渡っていました。

「ドラム缶ピザづくり体験」は、県立加須げんきプラザから講師の方をお招きし、粉から作った自作ピザをドラム缶で焼いてできたてを食べる体験学習です。

本降りの雨でしたが、通路下で雨をしのぎながらドラム缶で焼いたピザは、熱くてとても美味しかったようです。

午後のプログラムは、校庭でのハンターゲームを予定していましたが、雨のため体育館でドッヂボールのクラスマッチを行いました。

食後にも関わらず軽快な動きでボールをよけたり、ボールを投げたりしながら男女別にクラス対抗戦を楽しみました。

林間学校とは違うプログラムで一日を過ごしましたが、学年全員で力を合わせて楽しい時間を作り出すという点では、林間学校と同じ目的を達成できました。

【校内宝探しゲーム】

IMG_5175IMG_5179IMG_5181IMG_5182IMG_5183IMG_5188IMG_5184IMG_5191IMG_5199IMG_5185IMG_5200IMG_5194

【ドラム缶ピザづくり体験】

IMG_5204IMG_5207IMG_5208IMG_5212IMG_5216IMG_5217IMG_5218IMG_5221IMG_5222IMG_5224IMG_5223IMG_5226DSC_6239IMG_5229IMG_5233

【クラスマッチ】

IMG_2148IMG_5239IMG_2214IMG_5246IMG_5240IMG_2232

10月15日(木) ハートフル賞

今回は、欠席した給食当番の代わりに係の仕事を快く引き受けてくれた2年生男子が受賞しました。

DSCN7989DSCN7990DSCN7991

 

続いて、大会で不在の国語係の代わってテレビの移動を手伝ってくれた2年生女子が受賞しました。

DSCN7992

 

続いて、不在だった図書委員の代理で出席するだけでなく、積極的に図書委員の仕事に取り組んでくれた1年生女子が受賞しました。

DSCN7993

10月14日(水) 2学期中間テスト

2学期が始まって約2か月が経とうとしています。

新型コロナウイルスの影響で学校行事が減少したことで毎日の授業も順調に進み、授業の遅れもかなり解消に近づいてきました。

授業とともにすっかりと定着した家庭学習の効果が出始め、テスト前の勉強時間が大幅に増えた生徒が多数見かけるようになりました。

テスト中の様子を見て回ると、最後の10分間に問題を解くのをあきらめてしまう生徒の数が明らかに減少していることを感じました。

難しい問題にも果敢に挑戦し、「前向きな心」でどうにかして正答を導き出そうとする努力の姿勢がこちらに伝わってきました。

DSCN7988DSCN7987DSCN7984DSCN7985DSCN7986

10月13日(火) 行田市道徳科指導法委員会授業研究会

行田市が、教科化された道徳の指導法を研究するため、道徳科指導法委員会を立ち上げ研修を行っています。

今年度は、各委員が勤務先の学校で道徳の研究授業を行うことにより、指導法の具体的な手法を学びました。

本校では、委員でもある道徳推進教員が道徳の授業を実践し、校内研修と併せて授業研究会としました。

道徳が教科化となって、先生方も色々と悩んでいますが、指導者として来校された先生から、「何を考え」「どのように議論するのか」という部分を具体的に教えていただき、大変充実した研修会となりました。

DSCN7967DSCN7971DSCN7972DSCN7978DSCN7982DSCN7977

10月12日(月) 中間テスト前補習学習

今年度恒例となったテスト前の補習学習が放課後に開かれました。

帰りの会終了とともに教科の先生が待っている教室に移動して、テスト勉強をしたり、わからないところを質問したりと、限られた時間で積極的に学習に取り組んでいました。

毎回参加している生徒からは、「先生方に気軽に何でも聞けるようになった」「自分の弱点がわかった」などの感想も聞かれ、取組の成果が少しずつ表れていることを感じました。

中間テストの結果が楽しみです。

DSCN7962DSCN7958DSCN7959DSCN7957DSCN7952DSCN7951DSCN7956DSCN7947DSCN7950

10月9日(金)・10日(土) 県新人大会(陸上)

北埼玉地区の県予選会が終了すると同時に、埼玉県新人体育大会が始まりました。

台風の影響による降雨の中、男子:1年100m、2年100m、200m、800m、1500m、4×100mR、

女子:100mH の計7種目に出場しました。

降雨のためコンディション調整が難しく、なかなか自己ベストが出せない中で、男子4☓100mリレーチームが予選第1組を2位で突破して翌日の決勝に進みました。

そして、決勝でもミスなくバトンをつなぎ、47秒89のタイムで7位入賞を果たしました。

おめでとうございます。

20201010_124515

《リレーチームメンバーのコメント》

「バトンパスは練習の成果もありよくできました。緊張感や雨・寒さの中でのアップが大変で、一人一人が100%の力を出し切るのが難しかったです。冬季練習でさらに走力を上げ、来年は3位以内(関東大会出場)を目指したいです。」

1 / 2112345...最後 »